スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
夏至の頃(6/21~7/6)
夏至(げし)・・・一年中で一番昼が長い時期であるが、
       日本の大部分は梅雨の時期であり、あまり実感されない。
       花しょうぶや紫陽花などの雨の似合う花が咲く季節である。
621
紫陽花や 壁のくづれを しぶく雨
          「正岡子規」俳句より

紫陽花がとても綺麗な季節です。
濃い緑の葉の梢に、球になった花が賑やかです。

この紫陽花には、一つ大きな特長があります。
それは花弁の色が変化する事です。
最初緑っぽい花びらだったのが、やがて青く変わります。
この青色が、紫陽花本来の花の色です。
それが、時に紫~赤に変わる場合があります。
(最初から赤の場合もあります)

この変化は土壌の状態によります。
地中にアルミニウム元素があって、尚かつ土壌が酸性の場合です。
酸度の高い土壌内で溶けたアルミニウムが、紫陽花の根から水と一緒に取り込まれます。
それが、花弁の色素に影響を与えて色が変化するようです。
植物体内で科学の実験をしているみたいですね。

雨のよく似合う紫陽花ですが、花が咲いたら毎日写真を撮って観察日記付けて、
花の色の変化を楽しむのもいいかもしれませんね。
◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦

ガ-デン&デザイン・アウトドアweb site 
快適なアウトドア ライフをプロデュースする【環境企画アヴュ】のHP

ここにも、どうぞお立ち寄りください。

[2012/06/22 17:15 ] | 歳時記 | コメント(0) | トラックバック(0)
忙種の頃(6/6~6/20)

忙種(ぼうしゅ)・・・稲の穂先のように芒(とげのようなもの)のある穀物の
          種まきをする頃という意味であるが、
          現在の種まきは大分早まっている。
          西日本では梅雨に入る頃。
6.6

柿の花 土塀の上に こぼれけり
          「正岡子規」俳句より

今年は天体ショーのオンパレードです。
先月5/21の金環日食、昨夜6/5の部分月食、そして今日6/6は金星の太陽面通過がありました。
皆さん、すべてご覧になられたでしょうか。
普段空を見上げるなんて事はあまりしないですよね。
でも、ぼくはこれをきっかけに自然を見直す事が出来ました。

自然観察するには、時間の確保と粘り強い観察力が必要です。
ジ~ッとその対象物を観る。

ジ~ッと・・・・・・・・。

これがなかなかしんどいですが。
こんな時、普段そういう時間をつくっていない自分を反省します。
でも、やがてそれにも慣れてきます。

以前、モゾモゾ庭木を登るイモムシをみつけて観察していました。
緑色の肉付きのいいやつでした。

ジ~ッと・・・観察していると、アシナガバチがブ~ンと飛んで来てきて、
そのイモムシをチョイと掴んで持っていきました。

自然界にとって、それはごく当たり前の光景だったでしょう。
でも僕にとっては、素晴らしく感動的な瞬間でありました。

自然観察は、時に残酷に時に幻想的な現象を僕たちにも見せてくれます。
そしてそんな時、なんだかよくわからない人の内面を映し出してくれる事もあります。

少し時間をつくって、傍の草花を観てみて下さい。
意外に面白いんですよ。

自然観察、お薦めします。

◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦

ガ-デン&デザイン・アウトドアweb site 
快適なアウトドア ライフをプロデュースする【環境企画アヴュ】のHP

ここにも、どうぞお立ち寄りください。

[2012/06/06 16:57 ] | 歳時記 | コメント(0) | トラックバック(0)
小満の頃(5/21~6/4)
小満(しょうまん)・・・陽気がよくなり、草木などの生物が次第に生長して生い茂るという意味。西日本でははしり梅雨が現れる頃
12.5.25
片隅に 菖蒲花咲く 門田哉
          「正岡子規」俳句より

今年の五月は、カラッと晴れるひが少ないように思います。
それでも、野辺を見ると花がいっぱいの季節です。
里山の木々は、爽やかな風にまだ薄い緑色の葉をなびかせています。
夏を迎えるにあたり太陽の光と水を得て、活力をみなぎらせようとしています。

またこの時期の草花たちは、百花繚乱のごとく綺麗な花を魅せてくれます。
やがてこの花は結実し、子孫を残す種を作ります。
植物たちは、自らの為にいろんな準備を始めているようです。

一方人間界、世間では電力事情などもあって、この夏の節電が叫ばれていますね。
私たちは今から暑さに慣れて、真夏の猛暑にも体が我慢出来るよう、心構えする必要がありそうです。
そして電力に大きく依存しない生活を心がけましょう。

人間もこの夏に向けてのが準備が大切です。
◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦

ガ-デン&デザイン・アウトドアweb site 
快適なアウトドア ライフをプロデュースする【環境企画アヴュ】のHP

ここにも、どうぞお立ち寄りください。
[2012/05/25 11:50 ] | 歳時記 | コメント(0) | トラックバック(0)
立夏の頃(5/5~5/20)

立夏(りっか)・・・ この日から立秋の前日までが夏。
         野山に新緑に彩られ、夏の気配が感じられるようになる。
         かえるが鳴き始め、竹の子が生えてくる頃。
12.5.8

うすうすと 窓に日のさす 五月かな
          「正岡子規」俳句より

ツツジの季節です。
サツキはみなさんよくご存知ですよね。
正式にはサツキツツジと言います。
同じツツジでも写真の花はヒラドツツジです。
サツキツツジよりも葉っぱも花も大振り。
花の色も白や紅、ピンクなどあって混植してあるととても艶やかです。

ツツジ類は育てるのも比較的簡単です。
水やりと施肥をしっかりやれば、毎年綺麗な花を咲かせてくれます。
ただし、剪定の時期が課題です。
サツキ類は花期後すぐに花芽を付けた新芽を出します。
刈り込みするならその新芽が出る前です。
花が終わって1~2週間のうちにしなければなりません。
そうしないと、次の年に咲く花芽を切ってしまう恐れがあります。
都合でお盆前に庭木の剪定をされる方は、
花芽を飛ばさないように注意して下さい。
でも、ひと芽ひと芽チェックしながらの剪定はちょっと厄介ですよ。

環境企画アヴュは、五月を彩ってくれたツツジに感謝しながら、
ツツジの為だけに時間をとって剪定する事をお薦めします。

◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦

ガ-デン&デザイン・アウトドアweb site 
快適なアウトドア ライフをプロデュースする【環境企画アヴュ】のHP

ここにも、どうぞお立ち寄りください。
[2012/05/08 13:29 ] | 歳時記 | コメント(0) | トラックバック(0)
穀雨の頃(4/20~5/4)
穀雨(こくう)・・・田んぼや畑の準備が整い、それに合わせるように
         柔らかな春の雨が降る頃。
         この頃より変りやすい春の天気も安定し日差しも強まる。
425

ひねくりし 一枝活けぬ 花椿
          「正岡子規」俳句より

遅いサクラでしたが、さすがにもう終わりましたね。
木々には今年の新しい若葉が芽を出し、もう開きはじめました。
一雨ごとに季節は進んでいますね。

こんな時期だからこそ、ちょっと植物に目を向けてみましょう。
ホントは寒い時期に肥料をやるんですが、それが出来てない方は今からでも遅くありません。
化成肥料と油かすなどの有機肥料を砂や土と混ぜ合わせて、木々のまわりに鋤き込んでやって下さい。
(量などはその肥料表示通りかそれより少なめでも結構です)
土と混ぜ合わせる理由は、肥料が直接根に触れたりすると根が痛んだりするからです。
ちょっとだけ注意してやって下さい。

根付いた植物は基本的には自活していますが、人の手を入れてやる事で見違えるほど元気になります。
そして、写真のような素晴らしい花を咲かせて、私たちの心を豊かにしてくれます。

花木、草花、野菜・・・etc
今年も植物を植えて育てる、いい季節が到来しました。

◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦

ガ-デン&デザイン・アウトドアweb site 
快適なアウトドア ライフをプロデュースする【環境企画アヴュ】のHP

ここにも、どうぞお立ち寄りください。
[2012/04/25 18:37 ] | 歳時記 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。