スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
15.ヤマブキ(山吹)
やまぶき


メモ
3年前に作庭したお宅のヤマブキが、今年も咲いてくれました。
葉物の少ないこの時期に、濃い緑の葉をつけています。
きれいな山吹色の花とのコントラストが、とても綺麗です。

「ヤマブキ」 バラ科・ヤマブキ属
株の根元から出た茎は髄が太くてやわらかく、
緑色で1シーズンに2m内外伸長し、多数の葉をつける。
翌年、葉脈から側枝を出し、葉を3枚ほど着生、その先端に1花つける。
さらに3年目に二次側枝を出して開花し、
多くはその冬、茎ごと枯れてしまう。

本州~九州、中国に分布する落葉低木。
山地の湿った所に多く自生、広く栽培される。
茎は多数が叢生。
葉は互生につき、薄くて浅裂し重鋸歯がある。
表面無毛、裏面に葉脈が凸出し、短毛散生、黄葉する。
花は4~5月。
5枚の花弁はいわゆる山吹色の黄色で散りやすい。
子房は5心皮で果実は1~4個が熟する。
八重咲きの園芸種ヤエヤマブキやキクザキヤマブキは
雄しべが弁化し、雌しべも退化して果実は出来ない。
白花品もありシロバナヤマブキという。

「街の樹木」八田洋明著 栃の葉書房より




[2007/04/02 13:25 ] | Plant Collection | コメント(0) | トラックバック(0)
<<野田沼 4/4 曇り | ホーム | 今日の生け花=コデマリ=>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。