スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
13.アラカシ
どんぐり


ブナ科・コナラ属

ドングリ類は乾かすと発芽力を失ってしまう。
播種するためには湿気を保ち冷処に置く事が必要だ。
アラカシやシラカシなど常緑樹種は春のようだがコナラ・ミズナラなどは秋のうちに発根してしまう。
5℃の部屋に保管して根が伸長し、互いにからまって種まきに苦労した事がある。

宮城県・石川県以西~九州、韓国・中国台湾に分布する高木。
葉の上半部に大型の鋸歯があり、裏面は臘質を分泌し帯白色で、火にあぶるととけて鮮やかな緑色となる。
花は4~5月、雌雄同株。
雄花序は新枝の下部に多数付き、長さ5~10センチで糸のように垂れ、雌花序は新梢の上部の葉腋に直立し、3~5花をつける。
花柱は3個、さじ型で反り返る。
堅果は年内に熟し殻斗は数段の輪状。
関西で樫と言えばこの種をさす。

             街の樹木」八田洋明著 栃の葉書房より
どんぐり2



メモ:今年はドングリの実りが少ないらしく、山の熊たちも困っているようです。
   枝から落ちてしまったどんぐりが、地面にかわいく並んでいました。
[2006/11/30 11:45 ] | Plant Collection | コメント(0) | トラックバック(0)
<<三井寺拝観 | ホーム | タイトルなし>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。