スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
立春の頃(2/4~2/18)
立春(りっしゅん)・・・この日から立夏の前日までが春。
           まだ寒さの厳しい時期ではあるが日脚は徐々に伸び、
           九州や太平洋側の暖かい地方では梅が咲き始める頃である。
龍神2

春立つや 昼の灯くらき 山社          
           「正岡子規」俳句より

節分が過ぎると季節は「春」となります。
日も長くなってきて、陽気と共に気分も上昇しまて来ます。

先日神社によった時、手洗舎に「龍」をみました。
来春を喜ぶ微笑ましいお顔をされてました。
そうそう今年は辰年でしたね。

神社の話をしたついでに、皆さん知ってるとは思いますが、
改めて神社参拝の作法を紹介しときます。
参考にして下さい。


【鳥居・参道】
鳥居をくぐる時は軽く会釈をし中央は避けて通ります。
       
中央は正中と言って、神様が通られる道になっているそうです。

【手水舎】  
① まず、右手で柄杓を取り、左手を洗います。
     
  ② 次に、左手に持ち替えて、右手を洗います。
       
③ 右手に持ち替えて左手に水を受けます。

         その水で口をすすぎ、手で口元を隠したまま水を静かに吐き出します。
        
  ※ 柄杓に口をつけることは絶対にしてはいけません。
       
④ 再度、左手を洗います。
       
⑤ 柄杓を立てて柄に水を流して洗い清め、元の場所にふせて置きます。
    この動作を始めの一杯の水だけで行います。
【拝殿】   拝礼の基本は「二拝二拍手一拝」です。
       
ただし、例外もあります(出雲大社は二拝四拍手一拝)。
       
① 軽く会釈をします。
賽銭を手からすべり落とすように入れ、鈴を鳴らします。
       
② 二回頭を深く下げます(二拝)。
腰から曲げましょう。そしてパン・パンと二拍手。

       ③お祈りをして最後にもう一度、頭を深く下げます(一拝)。
最後は一回。 

【参拝時間】 
参拝の時間は、初詣や夏祭りなどの特別な参拝以外では
朝日が昇ってから
       午後3時頃までが基本だそうです。



◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦

ガ-デン&デザイン・アウトドアweb site 
快適なアウトドア ライフをプロデュースする【環境企画アヴュ】のHP

ここにも、どうぞお立ち寄りください。
[2012/02/06 13:29 ] | 歳時記 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<寒波に注意 | ホーム | 節分>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。