スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
冬至の頃(12/22~1/5)
とうじ・・・もっとも夜の長い日。年の瀬です 。この日より日が伸び始めることから、
      古くはこの日を年の始点と考えられた。冬至南瓜や柚湯の慣習が残る日。

12.23

いそがしく 時計の動く 師走かな
          「正岡子規」俳句より

道端にあったピラサンカです。
黄色い実が可愛らしく付いていました。

よく敷地の端に植えられている樹木です。
でも、こいつはちょっと注意が必要です。
葉っぱも実も優し気なんですが、よく見ると枝には鋭い棘があります。
バラの棘は引っ掻き傷ですが、こいつは爪楊枝のような棘で体にしっかり刺さります。
その痛みはキリッとした刺激痛で、我慢強い人でもちょっと堪え難いものです。

東洋でも西洋でも、こうした棘のある植物を玄関先や庭の端に植える習慣がありますね。
例えばヒイラギとかバラ、メギも鋭い大きな棘を持っています。
ソテツも葉っぱはイガイガしてますね。
こうしたものをあえて敷地内に植える習慣は、魔除けや防犯の意味合いがあっての事でしょう。
加えて、こうした植物は概ね生命力が強く、条件の悪い場所にあっても比較的丈夫に育ってくれます。
邪気から家族を守り、永年家が繁栄するよう願いを込めて植えられているんですね。

こんな触れると「痛い」植物ですが、新年を迎えるにあたり
のび切った枝葉を少し切りとって整えてやりましょう。
くれぐれも棘に注意しながら、優しくね。

◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦ ◦

環境企画アヴュのHP「滋賀の庭づくり.com」
ここにも、どうぞお立ち寄りください。

[2011/12/23 17:40 ] | 歳時記 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<年の瀬ですね | ホーム | お庭の整備>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。