スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
9. ケヤキ(欅)
ケヤキ


ニレ科・ケヤキ属

果実(石果)はゆがんだ平たい球形で径5ミリ内外。
10センチ位の枝ごと離脱し風で散布される。
樹皮は灰褐色、ややなめらかで雲紋状の薄片となってはげ落ち、
これは生長後の2次的な師部が部分的に出来るためと説明される。

本州~九州、台湾・中国に分布。
人家の周囲に植えられる落葉高木、
日本産樹種のうち最も大木となるものの一つ。
高さ30mに達し、各地で天然記念物等に指定されている。
葉はしばしば左右不同、するどい鋸歯がある。
花は4~5月、雌雄同株。
新葉の展開と同時に花を開く。
雄花は数個ずつ新梢の下部の葉腋につき雌花は上部の腋に1個、花柱は2分する。
材は硬く、木目も美しいので建材や家具材として尊ばれ、盆栽の材料としても有名。
エノキ、ムクノキなどと共に樹形のシルエットが素晴らしく、武蔵野を代表する樹木。

           「街の樹木」八田洋明著 栃の葉書房より

メモ:おそらく建材用にと植えられた欅であろう。
   よく手入れが行き届いていたのか、
   下部数mは枝もなくまっすぐで太い。
   腐れも見られず、とても綺麗な樹皮である。
   樹冠もほうきを大きく広げた様が遠くからでも眺められて、
   その姿はたくましさを感じる。
   ここに登ってみたいと思うのは、僕だけだろうか。
[2006/06/07 11:44 ] | Plant Collection | コメント(0) | トラックバック(0)
<<寄せ植え講習会 | ホーム | ポレポレと考える(4)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。