スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
ベランダ菜園の土は?
タマです。
今回は、2年目以降のベランダ菜園の「土」の話をします。

2年目のベランダ菜園に取りかかろうと思ったとき、
「このプランターの土、どうしよう?」と考えたことはありませんか?
土の養分は1年目の作物にほとんど吸い取られているし、
野菜作りには適さない土壌となってしまっているはずです。
肥料を大量にやればいいってものでもありません。
かと言って、新しい土に入れ替えるにも古い土の処分に困ります。

で、おススメしたいのが「土の再生材」です。
残った根をある程度除去したら、再生材を混ぜるだけ。
目減りした土の追加にもなって、量もちょうど良くなります。

再生土の中には未発酵のものもあるので、
出来れば何日かそのまま置いて、土と馴染ませるといいでしょう。
ちなみに、私がいつも使っている再生材は「土かえるこれ一番!」です。
5リットル一袋で700×400×265mmのプランターの土が甦ります。
土も手軽にリサイクルした方がお得ですね。kao01
再生土
土の再生材のなかでも肥料代わりにして使えるものもあるようなので、
20リットルの大袋を買って、1年かけて使い切る方法もありますよ。

ただし、野菜には「連作障害」というものがあります。
同じ土で同じ作物を育てると上手くいきません。
去年と同じ野菜を育てたい場合は、土を総入換えした方が無難です。

私はこれ以上プランターを増やせないので、
連作障害がでないよう、毎回、違う野菜に挑戦する事にしています。

プランターのソラマメ
プランターに植え付けたエダマメの苗もすくすくと生長していますよ。
苗の間隔が狭いって?
あんまり細かいことは…������
[2009/12/04 14:04 ] | コンテナ菜園 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<大津郊外の外構 | ホーム | 大津郊外の外構>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。