スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
ポレポレと考える(1)
ポレポレです。
このカテゴリーでは、自然と人との関わり方(日常生活)を皆さんと考えるページにしていこうと思います。
自然と人の豊かさとの共存・持続のために一人一人に何が出来るのか・・・?
環境問題となると少し身構えてしまいますが、あまり難しく考えず身近なことからやってみようということを提案していきます。
みなさん、ご意見あればどしどしコメントしてくださいね。

では、今日の提案。
「クルマは、駐停車中はアイドリングを止める」
です。
街でスローガンとしてもよく見かけますよね。
これは、過剰な排ガスを押えてCO2の削減をはかるのが、主だった目的だと思います。
それに加えて、本当はゆっくり走りながらクルマ全体をウォーミングアップするのがクルマのためにも良いみたいですよ。
アイドリングによる暖気運転がエンジンに良いというのは昔の話。

こまめにエンジン切って、化石エネルギーの消費とCO2放出の削減に貢献しましょう。
[2006/03/23 18:40 ] | ポレポレと考える | コメント(2) | トラックバック(0)
<<今日の生け花=エニシダ= | ホーム | 5. ウメ(梅)>>
コメント
走行距離30万kmを超えるデイーゼル車に乗る者です。日本では悪名高いディーゼル車ですが、二酸化炭素排出量はガソリン車より少なく、PMを含む黒煙も、構造的な理由もあるが、燃料の軽油の質にも原因が。欧州では、エコといえばディーゼル車。
しかし、ディーゼルは始動時に排ガスの有害濃度が濃いので、アイドリングストップは確実に30秒以上停めないと無意味。うーん、難しい。
古い車に乗り続けるのが環境に良いのか、あるいは燃費の良い新車の方が?悩む。(何より我家には買い替えの資金が無い。)
[2006/03/31 16:21]| URL | 味噌蔵 #- [ 編集 ]
コメントどうもありがとう。
日本の道はしょっちゅう渋滞するし、信号が多いし、ディーゼル車には不都合な条件がそろっていますね。古いディーゼル車ならなおさらの事。
でも、新しい車を買い続けると、生産ラインに拍車がかかって、二酸化炭素を増産することにもつながりかねません。だから、古い車をちゃんと整備しながら乗り続けるのも、エコにつながるのではないのでしょうか。
[2006/04/03 14:28]| URL | ポレポレ #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。