スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
3.サンシュユ(山茱萸)
サンシュ


ミズキ科ミズキ属

裏面脈腋には褐色の長毛が密生しており、子供の頃この木の葉を胸にくっつけて遊んだ。
葉に先立って短枝の先に黄色い花が群がって咲き別名をハルコガネバナともいう。
散形につく小花群の基部には伏毛を密生した2対の総苞片がある。
この種とごく近縁な植物にカルフォルニア州北部に自生するC.descifloura と、ヨーロッパに分布するC.masがある。
お互いに形態のよく似た植物だが遠く離れて分布する。

朝鮮、中国原産の落葉小高木、高さ4m。
葉は対生で卵形。花は3月、両性で4数性花。
液果は紅熟し、大きい1個の核がある。アキサンゴの名は紅い果実に基づく。
朝鮮から薬用植物として渡来し、今は花木として庭や公園などで栽培される。
切り花用にも生産され、繁殖は根つぎ又は実生による。

「街の樹木」八田洋明著 栃の葉書房より
[2006/02/15 15:52 ] | Plant Collection | コメント(0) | トラックバック(0)
<<カントリークラブ現場より | ホーム | 生け花>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。