スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
今日のいけばな=ベニマンサク=
ベニマンサク

今日のいけばなは「ベニマンサク」を枝物に生けました。
紅葉したベニマンサクの葉の隙間から、リンドウがチラリと見えて
とても秋っぽいいけばなになりました。
ちなみにピンクの花はクルクマ。白っぽいのはトルコキキョウです。

最初、お師匠さんはベニマンサクを「マンサクです」と言っていました。
でも、枝の分岐付近に小さな赤い花をつけていたので、
もしかして違うんじゃないかな?と思い調べてみました。

マンサクは早春の花で、「まず咲く」から名前がきたそうです。
花の色は黄色で、葉の縁は鋸歯(ギザギザ)があり、
あまり紅葉はしないようです。
でも、この葉は見事な紅葉。マンサクではありません。

この木の本当の名前は「マルバノキ(丸葉の木)」という落葉低木。
別名ベニマンサクで、秋に赤い小さな花を咲かせます。
紅葉もきれいですが、若葉もピンク色をした愛らしい木だそうです。
紅葉する時期に花を咲かせるなんて、ちょっと変わっていますね。
[2007/10/29 11:27 ] | 徒然日誌 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<11/7の野田沼 | ホーム | 19.オオデマリ(大手毬)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。