スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
2.アセビ(馬酔木)
アセビ



ツツジ科

花序は前年の7月頃には形を整え、越冬準備をするかにみえる。
そのかわり開花も早く、厳冬の2月下旬頃にはすでに咲き始めるものがある。
乾いた感じの花冠は、風で触れあい音をたてる。
花後幼果は下を向いているが、数日後には上に向って花柄を曲げる。

本州-九州、中国に分布する常緑小高木で、やや乾いた山地に生える。
葉は互生、新芽は赤いものと緑色のものがある。
葉はほとんど無毛、中部以上に浅鋸歯がある。

花は3-4月、がくは5深裂し、無毛。花冠は細い壺形で先は5浅裂。
雄しべ10本、花糸に軟毛密生し葯の背面下部に約1.3ミリの刺状突起がある。
子房は無毛、果実はさく果、扁球形で径5ー6ミリ。

和名は家畜が誤って食べると「足痺れる」ところからついたといわれ、また同様に馬酔木ともいわれる。

「街の樹木」八田洋明著 栃の葉書房より
[2006/01/30 15:18 ] | Plant Collection | コメント(0) | トラックバック(0)
<<雪のゴルフ場より | ホーム | ゴルフ場にて>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。