スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
「庭つくりの目安箱」開設のお知らせ
0129

ポレポレです。
環境企画アヴュのHP(Former site)の中に、新しいページが加わりました。
ページ名は「庭つくりの目安箱」です。
第一回は「ウッドデッキを作ってみませんか?」をテーマに提案しています。

ちょっとページをめくって頂いて、みなさまのアウトドアライフに活かせてもらえたら幸いです。

環境企画アヴュ Former siteのページへ

「庭つくりの目安箱」のページへ

スポンサーサイト
[2009/01/29 16:38 ] | 徒然日誌 | コメント(0) | トラックバック(0)
24.ナンテン(南天)
南天

メモ;冬の日に赤い実をつけた庭先のナンテンです。
   この時期この赤い実はよく目立っていて、ヒヨドリなど野鳥達がやってきて
   この実を食べて行きます。
   鳥に食べてもらって遠くに運んでもらうのがナンテンの戦略なんですね。
   「難を転ずる」との語呂合わせからか、鬼門の方角などに植栽されることも
   多い樹木です。

【属名】 メギ科ナンテン属
【樹形】 常緑低木.株立ちで,高さは1~3mになる.
【 葉 】 3回奇数羽状複葉で互生する.小葉は長さ3~7cmで,ふちは全縁.
【樹皮】 縦の溝ができる.
【 花 】 円錐花序に白い花を多数つける.花期:6~7月.
【果実】 液果.直径5mm位の球形で,赤く熟す.果期:11~12月.
【分布】 本州(茨城県以西),四国,九州の丘陵帯.

[2009/01/22 11:40 ] | Plant Collection | コメント(0) | トラックバック(0)
多賀の外構(土間仕上げ)
20090117101331

ヒサです。
前記事の続きです。

やっぱり、土間コンの最終仕上げは日が暮れてしまいました。
でも天候が安定していてきれいに仕上がりました。

冬期のコンクリート打ちは、気温に対して注意が必要です。
コンクリートは硬化する過程で熱を発生させて、かなり温度が上がります。(20℃超)
低温に対しても結構強いんですが、それでも気温が氷点下2度ぐらいになると表面が凍結して、仕上げがボロボロになる恐れがあります。
場合によっては、シートなどを被せて保温しなければなりません。
でも、今日はその心配はなさそうです。
今夜から朝方に掛けてあまり冷え込まないみたい。
予想していたとはいえ、内心ほっとしました。

このあと5日間ほど養生した後、お客様に引き渡ししたいと思います。
[2009/01/17 10:13 ] | 作庭日誌 | コメント(0) | トラックバック(0)
多賀の外構(土間コンクリート工事)
0115.1

ヒサです。
先週より愚図ついていた天候が、ようやく回復しました。

朝、現場に付いたらまず雪融けと氷落とし、そして土間コンクリートの打設です。
コンクリートミキサー車から降ろしてもらった生コンを一輪車に乗せて小運搬します。
そして、所定の高さになるよう生コンを敷きならして行きます。
敷き均しの作業は左官屋さんが行います。
T型のトンボや大小の鏝を使って、表面を平滑に均して行きます。
0116.2

この時コンクリートの砂利分を沈めて、ノロを表面に浮き出させておく事が大切です。
このノロがないと、最後仕上げ面が荒れてしまい、いくら鏝で均してもきれいに仕上がりません。

0116.3

今回の仕上げは刷毛引き仕上げです。
ブラシ刷毛をひいて、コンクリートの表面に刷毛目を付けて仕上げます。

コンクリートが打ち終われば、水分の引き具合を見計らって表面の仕上げ作業をします。
今は気温の低い時期なので、最終仕上げは今夜半になるでしょう。
投光器など準備してコンクリートの硬化を待ちます。



[2009/01/16 12:07 ] | 作庭日誌 | コメント(0) | トラックバック(0)
090113
ポレポレです。
写真は、今日の彦根の様子です。
朝から降り始めた雪で、道端にある大きなケヤキの木もきれいに雪化粧です。
路面は、シャーベット状の雪がたまってよく滑ります。
通行には十分注意が必要ですね。
[2009/01/13 13:53 ] | 徒然日誌 | コメント(0) | トラックバック(0)
多賀の外構(土間コンクリート工)
20090108144238


ヒサです。
アプローチ工の次は、駐車場土間の工事に着手です。
昨年までに終えていた土間下地の上に、土間目地の型枠を建て込みます。
目地型枠を入れるのはけっこう手間のいる作業です。
でも目地を入れる事で見た目の意匠的にもいいし、構造的にも効果があります。
というのは、コンクリートは思った以上に温度による収縮が大きいからです。
その伸縮率は鉄とほぼ同じなんです。
だから鉄筋コンクリートなんですよ。
この伸び縮みするコンクリートの体積が大きいと歪みを逃がす事が出来ず、コンクリートが分離したり割れたりしてしまいます。
特に外部の土間は、外気に接する表面積が大きいので外気温の影響を受けやすく、コンクリートが割れたりしやすいのです。
目地は、こうした伸縮を緩衝してくれるので構造的に有効なんです。

写真はワイヤーメッシュ(φ6-150メッシュ)を敷いている所です。
これが出来ればコンクリートの打設です。
ただ天気が心配です。
冬場は、コンクリート打設日を決めるのがなかなか難しいです。


[2009/01/08 14:42 ] | 作庭日誌 | コメント(0) | トラックバック(0)
多賀の外構
20090107103913

ポレポレです。
環境企画アヴュは昨日が仕事始めで、今日から本格的な業務に入りました。
今年もよろしくお願い致します。

写真は、昨年末より手掛けています多賀の外構工事の現場です。
玄関アプローチ前の門塀と植込みが出来ました。
ポーチ前に玄関としての機能と景観双方がマッチする、こざっぱりとしたスペースを作りました。
ハウチワカエデの春の芽吹きが楽しみな前庭です。
[2009/01/07 10:39 ] | 作庭日誌 | コメント(0) | トラックバック(0)
謹賀新年
2009元旦

明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い致します。
   2009.元旦 
    環境企画アヴュ スタッフ一同
[2009/01/01 15:07 ] | 徒然日誌 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。