スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
7. セイヨウシャクナゲ(西洋石楠花)
シャクナゲ


近年、西洋シャクナゲの名で外国産シャクナゲの品種が多数導入され、なかには丈夫で日本の平地の気候にも適したものがあり、比較的容易に栽培できるようになった。
西洋シャクナゲの原種になった野生種は、中国雲南省からヒマラヤにかけての地域のものに集中していて、その数は500種におよぶといわれる。
したがって園芸品種は極小型種から大型種まで、変異の幅が大きく、また花色も千差万別である。

これらは主にヨーロッパで品種改良されたもので、日本の夏の高温と多湿は生育条件としては好適ではない。
そのため出来るだけ排水の良い場所に植え、通風をよくし西日を避ける工夫が必要である。
また梅雨期には雨に直接当てない方が良い。
西洋シャクナゲは生育が旺盛で刈り込みの後の芽吹きも良い。

          「街の樹木」八田洋明著 栃の葉書房より

メモ;サクラが終わったそのあと、華やかに咲いてくれました。
ポストの下に植えてあるんですが、こんなにきれいな花が庭先に咲いていると郵便屋さんもきっと楽しいでしょうね。
スポンサーサイト
[2006/04/25 16:26 ] | Plant Collection | コメント(2) | トラックバック(0)
今日の生け花=カンガルーポー=
20060420210326
今日の生け花は、カンガルーポーが主枝です。
このカンガルーポー、何だか元気がありません。
水がうまく上がっていないようです。
その代わり、カキツバタが元気で、
見ている間に花開いていきます。
パッと音を立てて開くこともあるんですよ。
[2006/04/20 21:03 ] | 今日のいけばな | コメント(0) | トラックバック(0)
春のメンテナンス
浅井


ひさです。
サクラも満開になり、いよいよ春本番です。

今年始めにお引き渡しした浅井町のガーデンに春の点検に行ってきました。
ここは今年の大雪で、植物が折れたり痛んだりしていないか、とても心配していました。
でも、樹木や草花たちはどれも新芽を大きく膨らませ、どれも元気そうで安心しました。
地被類のセダムもピンと伸び上がっていい緑色してます。

この日は、折れた小枝など軽剪定などして、メンテナンスしてきました。
[2006/04/18 18:32 ] | 徒然日誌 | コメント(0) | トラックバック(0)
6.ヒュウガミズキ(日向水木)
ヒュウガミズキ


マンサク科・トサミズキ属
梅の開花時はまだ肌寒さを感じるが、この花の咲き乱れる頃には
いよいよ一陽来復の感が深くなって春らしい気持ちにさせられる。
実際の春の庭には是非欲しい花木の一つだ。

北陸西部と近畿北部に自生する落葉低木、高さ2~3m。
細い多数の枝が叢生する。
葉は卵形~歪卵形、長さ3~5センチ、やや膜質で基部心形、
表面無毛で側脈は5~8対が鮮明。
花は3~4月、葉に先立ち長さ1~2センチの穂状花序に2~3個の花をつける。
5枚の花弁は鮮黄色。
5本の雄しべそれに5個の仮雄ずいをもつ。
子房は無毛。
果は球形、果皮は木質で先端に花柱が残り2裂して種子をだす。
日向水木と書くが日向には自生しない。
おそらく、土佐に自生するトサミズキに対し似てはいるが別物との理由で、
単に日向と関したのではないかとの意見がある。

メモ;2年ほど前に施工したお宅で咲く日向水木です。
   この時期に、毎年かわいく咲いてくれています。
   ステップにおかれた陶器のカエルも、春の到来を喜んでいるようですね。
[2006/04/10 11:58 ] | Plant Collection | コメント(0) | トラックバック(0)
今日の生け花=?=
20060406212421
今日の生け花は、…なんでしょうこれは?
主枝の名前がわかりません。
お師匠さんもわかりませんでした。
って言うか、花屋さんに聞かなかったみたいです。
全体的に派手な色目で、春を通り越した感じですね。
[2006/04/06 21:24 ] | 今日のいけばな | コメント(0) | トラックバック(0)
ポレポレと考える(2)
ポレポレです。

最近は、ジュースやビールが近所のスーパーやコンビニで手軽に買えて、とても便利になりましたよね。
そのパッケージのほとんどが、アルミ缶やペットボトルです。
そこでいきなり提案、

「家で飲むジュースやビールは、ビン入りのものを買う」

です。

なぜならアルミ缶のアルミ、実は原価のほとんどが電気代、ペットボトルも石油が原材料です。
これらは、作るときも再生するときにも多くのエネルギーを使用し、多量のCO2を排出します。
代わって、ビンなら一度作ってしまえば、洗って何度でも使えます。
とても環境にいいんです。
確かに手間はかかります。
でもその手間をかけることこそが、実は地球にやさしいんです。
みんながそうすれば、メーカーもそっちの方が得なので、自然とビンをリユースする社会が出来るはずです。

そして何よりも、ビン入りの方が、ビールもジュースもおいしいんですよ、
皆さん、知ってました?
[2006/04/03 16:38 ] | ポレポレと考える | コメント(2) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。